旬の花を博多織と小石原焼と
ともに楽しみたい

¥22,000
  • 納期 1週間(在庫がない場合、生産期間を確認し別途ご案内差し上げます)
解除

※北海道・沖縄・​離島は別途送料がかかります。

facebook_share twitter_share googleplus_share hatena-bookmark_share

この商品のポイント

  • 旬の花を博多織と小石原焼とともに楽しみたい
    ニッポン⼿仕事図鑑と世界⽂化社が発⾏する雑誌「家庭画報」との共同プロジェクトとして、福岡県の伝統⼯芸品の新商品開発を行い、制作した本アイテム。

    福岡県の「伝統的⼯芸品新商品開発事業」であり、⻄⽇本豪⾬の復興⽀援の⼀環としてスタートしたプロジェクトです。

    「博多織」「⼩⽯原焼」「⾼取焼」3つの産地と家庭画報を代表する3名のクリエイターがコラボレーションし、それぞれの専⾨分野と伝統的⼯芸品の美しさ、機能性を⽣かし、新たな発想で暮らしに寄り添う、モダンな逸品が生まれました。
  • 旬の花を博多織と小石原焼とともに楽しみたい
    織物工房で昔から道具として利用されていた糸枠をイメージした木枠に、小石原の陶器をセットした花器。巻き付けた博多織は着脱可能で、ベージュと白の2種類がセットになっています。花の色や気分に合わせて、利用できます。博多織は撥水加工済み。
  • 旬の花を博多織と小石原焼とともに楽しみたい
    一緒に商品開発をした
    クリエイター
    藤野幸信(フローリスト)

    広島市段原の骨董通りにある
    「fleurs trémolo」のオーナー。
    広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。
    感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。
    著書に『季節の色合いを楽しむブーケ』がある。
    「家庭画報.com」連載「365日の贈り花」は大好評。

つくり手紹介

博多織職人
博多織職人|鴛海織物工場(HAKATA JAPAN)
1928年創業の鴛海織物工場は、博多織の持つ無限の創造性に挑戦し続け、2000年、ニューヨークで、バッグ小物などのデザイン発表にて、HAKATA JAPANとしてブランドデビュー。博多織という上質な絹素材を、現代のライフスタイルに合わせ、オリジナルのファッションアイテムやインテリアを様々なクリエーターと共にMade in JAPANで提案している。
この職人さんの商品/体験一覧

詳細情報

商品名: 糸枠型花器「旬花」
材質: 木、絹、陶土
入数: 1
商品の寸法(幅×奥行×高さmm) 105×47(博多織)
Φ95×70(小石原焼花器)
横110×縦110×高さ150

旬の花を博多織と小石原焼と
ともに楽しみたい

¥22,000
  • 納期 1週間(在庫がない場合、生産期間を確認し別途ご案内差し上げます)
解除

※北海道・沖縄・​離島は別途送料がかかります。

facebook_share twitter_share googleplus_share hatena-bookmark_share
秋田 810円
北海道 1,100円
東北 関東 信越 870円
北陸 東海 970円
近畿 1,100円
中国 四国 1,300円
九州 1,540円
沖縄 1,550円