店主が語るこの商品の魅力

商品画像

こどもたちと一緒に体験したいお鍋

山中漆器浅田漆器工芸

店名年間(1780年代)、芝川流域に自生していた良質の布袋竹を使用し、竹釣り竿を生産したものが起源と言われる。その伝統の技術を継承し、1957年に創業した竿昭作。二代目、山野正幸さんが1本1本丁寧に仕立てていく釣り竿。

浅田漆器工芸との出逢い

浅田漆器工芸を知ったのは、とある展示会に訪れたときであった。

漆器というと、「和食器」のイメージが強かったが、浅田漆器工芸が展開していた「洋食器」に、思わず意表を突かれ立ち止まったのを覚えている。

手に取ると、食器?と思うほど軽々と持ち上がる感触があった。

それもそのはず、山中漆器の挽物轆轤(ひきものろくろ)技術を活かした「薄づくり」により、淵に行くほど薄くなるようスリムに器が模られ、無駄のない形に仕上げられていた。

商品との出逢い

創業100年を超える浅田漆器工芸は、先代の考夫氏が木地職人として創業したのがはじまりであった。

二代目の考夫氏は木地職人だけで生計を立てるのは難しさを感じて、商売の仕方と漆塗り技法を覚えるために地元の問屋に就職した。
そして、昭和52年に浅田漆器工芸を設立し、自社で木地作り~漆塗りまでの一貫した漆器作りを行い、百貨店などに卸売展開をしていったそうだ。

平成12年ころから卸売りだけでなく、小売りを始めたことで、直接お客様の声を聞き、より良いものづくりに繋げていけるようになったという。
その後、専務を務める明彦氏がきっかけに、洋漆器シリーズ『asada』が誕生

洋漆器シリーズ『asada』が生まれたきっかけ

明彦氏が22歳のときに、若い世代にも漆器が使われるようにと、漆器でカラフルな洋食器の開発を進めたのが、『asada』の始まりであったという。

手始めにパスタ皿(ウッドプレート)を開発し、サラダボウルやカトラリーなどへ展開していった。明彦氏自身も使い

そうして生まれた『asada』は、若い世代が多く来店する
ライフスタイルショップやインテリアショップなどでの取扱いが増えているという。

私自身、自宅でも使っているが食事のジャンルを問わずに使いやすい漆器

漆器
店主

ひとことめぐり商店店主堀内 哲

インテリ業界で品質管理の責任者を務めたのち、バイヤーに転身。現在は、ひとことめぐり商店の店主として、日本の埋もれている逸品を発掘すべく精力的に活動している。

この職人さんの商品一覧