店主が語るこのつくり手の魅力

組子職人 | 小玉建具店

1942年創業の建具屋が取り組む伝統工芸『組子細工』

組子職人 | 小玉建具店

緑豊かな秋田県五城目町で、1942年創業した建具屋。
建具職人としての仕事に勤める傍ら、自由に組める組子のコースターを開発。「自分だけのオリジナルの柄が表現できる!」と人気に。基本を大切に、秋田の木の良さを多くの人に届けている。

小玉建具店との出逢い

小玉建具店とは、定期的に訪れている展示会に、小玉氏が初めて出展したときに出逢った。

ブースに近づくと、秋田杉の優しい木の香りがふんわりと漂い、目を留めた。
ブースでは真剣な表情で、熱心に説明をしている小玉氏の姿があったのを覚えている。

児玉建具との出逢い

そして、小玉氏から話を伺った。

建具屋の家に生まれた小玉氏は、高校卒業後すぐに家業を継いだという。
「父が他界してから、学生の間は母が父の仕事を継いでいたので、その手伝いをしていた」と、小玉氏。

 

地域の建具を中心に手掛けてきた中で、今と昔の違いを聞かせてくれた。
「今の取引は工務店が中心であるが、昔は大工の棟梁から注文があった。建築のお財布を仕切るのも棟梁ですし、建具屋が作るものの材料の良さ、技術の良さは全て分かっていた」という。

 

狭い秋田では、納品したものに問題があればすぐに知れ渡ってしまうそうだ。
そんな誤魔化しの利かない業界の中で、建具づくりに精を出してきた小玉氏。

 

地域の伝統工芸である『組子細工』を取り入れた学校建築にも携わるなど、活動の幅を広げていったそうだ。

 

『手作り組木コースター』が生まれたきっかけは

建具屋としてモノづくりを続けるうちに、小玉氏は木工芸も手掛けるようになった。

 

その理由は「職人として一日中働いていたいから」。

 

良質な天然秋田杉の端材を何かに生かせないか?と試行錯誤し、組子のコースターを開発したという。

 

作ったコースターを道の駅で販売をスタート。すると、自分で組めるコースターなので、脳の活性化にもつながると、高齢の方や子どもたちにも喜ばれたそうだ。
また、数本ある黒い人材杉は、アクセントになると好評であるそうだ。

 

「ちょうどいい大きさとちょうどいい本数。そして、素材は香りを重視し秋田杉を。木目はきれいな色であることと、香りを楽しんでもらえるよう紙製の匂い袋を採用している」と拘りを語ってくれた。

手作り組木コースター

小玉氏の仕事にかける姿勢は、どこまでも真剣であった。

「手掛けたことのない仕事は、必ず自分の足で調査する。先人の知恵や伝統を参考に、自分なりのアレンジを加え、作りあげていく。伝統だけではなく、現代の建具も必ず参考に。『まだまだ勉強しなければ』 という気概を持ち続けていきたい」

 

厚さ一つとっても狂いがあれば組めないという、組子細工。

「組むときは甘くなくきつくなく。簡単なようで、とても難しいので、基本を大事に考えている」という。

 

この出逢いを機に、私も家で組木コースターを愛用している。
秋田杉の香りはリラックスした気持ちになり、食欲も湧いてくる不思議な力があるようだ。贈り物にも相応しいパッケージなので、プレゼントとしてもおススメしたい。

店主

ひとことめぐり商店店主堀内 哲

インテリア業界でCSや品質管理の責任者を務めたのち、バイヤーに転身。現在は、ひとことめぐり商店の店主として、日本の埋もれている逸品を発掘すべく精力的に活動している。

この職人さんの商品一覧